0コメント

アクセスアップに関して(難しいこと抜きにできる方法)

アフィリエイターやブロガーの永遠の課題が「アクセスアップ」です。

趣味で日記を書いている人は関係ないかもしれませんけど、
アフィリエイターにとっては重要なファクターですよね。


今回は難しいノウハウではなく、単純なアクセスアップ法について書きます。


2行で終わります。



それは、


投稿頻度を上げること。
キーワードを織り込むこと。



これだけです。


キーワードについては、難しい部分もありますけど、
投稿頻度を上げることについては、
作業量さえ増やせば、今日からでもできることです。


ひとつのブログに対して

・毎日記事を更新する
・投稿間隔を1時間以上あけて1日5記事程度は更新する


単純に更新するだけで、
各ブログサービスのトップページに「新着記事」などに表示されるため、
それだけでアクセスが増えることがあります。


さらに記事の文中に需要のありそうな「キーワード」を織り込むように意識し、
検索エンジンからのアクセスを狙うのです。



キーワードの織り込み方ですけど、
「ダイエット」「AKB48」などのひとつの単語ではなく、
「ダイエット サプリメント」とか「AKB48 動画」などの
複数のキーワードを織り込んだほうがいいとされています。
(コレを「複合キーワード」と呼んでいます)


また、複合キーワードもひとつだけでなく、
いくつか織り込んだほうが検索エンジンに引っかかりやすくなります。

Yahooなどで、キーワード(例えば「ダイエット」)
などと入れて検索すると、ページの上下に複合キーワードが表示されます。

それらは検索数が多いものですので、
そういう複合キーワードを織り込むように意識して記事を書けば、
アクセスがこないということはないと思います。


実際はそれ程簡単ではないですけど、
実践することでアクセスは伸びやすくなることは事実です。


そのような「複合キーワード」が織り込まれた記事が増えていくにつれ、
検索エンジンに引っかかる可能性は更に挙がりますから、
すぐに結果が出なくても、継続していくことが必要です。


検索エンジンに認識されるためには、
あなたのブログの存在を知ってもらわなければいけません。


検索エンジンは「クローラー」と呼ばれる巡回ロボットが、
絶えずネット上を巡回してブログやサイトの情報を収集しています。


細かいことは省きますが、「クローラー」は、
更新頻度を高めることであなたのサイトやブログに来やすくなるのです。
(運みたいな部分もあるので、認識されるまでの時期等は人によって違いがあります)


そしてクローラーに認識されてはじめてインデックスされるのです。
(スパム等、基準に反するものは排除されますが・・・)


インデックス数はサイトやブログでひとつではなく、
記事数に対して増えたり減ったりします。


ですから記事数を増やしていくことで、インデックス数を増やしていけるのです。
インデックスが増えれば、検索エンジンに拾われる可能性があがるという仕組みです。


更新頻度を上げるという理由はこういう意味も持っているのです。



人によって、所有ブログ数や作業可能な時間に違いがあるでしょうから、
その範囲の中でできることをやっていくスタイルでいいでしょう。

数十、数百とブログがあると、
その全部に複数の記事投稿なんて手動でやってたら
時間がどれだけあっても足りませんからね。



で、こういうときにツールが必要になってくるんですよね。


私はその為に「ドリキー」を購入して利用していたんですけどね。

それまでは順調にインデックスされて、
アクセスも増え、キーワードも集まりつつあったんです。


しかし先日、その「インデックス」がなくなってしまったので、
大きなダメージということなんです。


インデックスを戻せれば、キーワードを織り込んだ記事を
自動投稿できるので、大変便利なツールなんですけどね。
そのアクセスから、更に濃いキーワードを抽出して、
アクセスを増大させることが可能ですから。


「どんどん・・・」も同じです。


いかにインデックス削除されないような使い方ができるか?
コレを解決できれば、間違いなくオススメなんですけど・・・。


ドリキーについては引き続き対応を検討していきたいと思います。
ちなみに昨日はインデックスは削除されたままなんですけど、
アクセスはちょっと増えてました。。。


ツールを持っていない、あるいは買えない方は、
冒頭の2点だけでもすぐに取り組んでみてはいかがでしょうか?

それだけでも違ってきますよ。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

gaityu300.png WordPressテーマ「MAG(TCD036)」