0コメント

アドセンスから警告メールが来ました。

アドセンスから警告メールが来ました。

この手のメールが来たのは、楽天アフィリの規約違反に関するメール以来です。

内容は、
「コンテンツの少ないページにアドセンスを表示するのは規約違反になるので修正してください。」
という趣旨のメールでした。

要は、カテゴリーページやタグページなど、
オリジナルコンテンツに乏しいページでは
アドセンスは表示してはならないということのようです。

今回は、アカウント削除(剥奪)ではなく、
広告配信は停止しているけど、
アカウントは有効なので修正して、広告再配信の申請をすればOK、
ということのようですが、
個人的には「?」でした。

というのも、最近アドセンスから
同様の警告メールがかなりの方(下剋上実践者が多いと思いますが)に
送信されているという話はメルマガで読んでいたので、
ちょっと前から
「カテゴリーページ・タグページなどにアドセンスを表示するとまずい」
ということは認識していました。

そのため数日前に、
アドセンスコードを外したばかりだったんですよね。
(TOPと個別記事のみに表示するようにしました。)
ブログを確認しましたが、アドセンスもちゃんと表示されてるし。。。

だから直したはずなのに、警告が来たことに驚いたんです。
さすがに慌てて確認しましたよ。

でも、何度確認しても、修正済み。。。
指摘されたブログはso-netブログでしたが、
これは問題がないはず。。。

ただ、アドセンスも楽天アフィリ同様、
指摘された箇所だけを直しても意味が無い。
他のブログでも同様の違反が認められれば
規約違反とみなされ、最悪アカウント削除されます。

そこで、アドセンスを実践している全てのブログを確認。
seesaaブログとWordPressのブログがあるんですが、
こちらはタグページに表示されてました。

そのため、それぞれを修正し、何度も確認した上で、
アドセンスにメールを送りました。

今回指摘されたブログは数日前からカテゴリーページ・タグページにはアドセンスを貼っていないのに、今日警告メールが来たのは納得できない。
ただ、他のアドセンス実践ブログで指摘された内容に合致する部分があったので、これこれこういう風に修正しました。
だから念のため確認してください。

ってな感じで。
(実際はもっと丁寧な言葉を使ってますよ。)

アドセンス側からの返信は期待してませんけど、
今回の修正で、少なくともアカウントを削除されるようなことはないと思います。

下剋上販売者のバナナデスクさんも対応が早かったですね。
今日早速修正ファイルをアップしてくださいました。

まだ修正していないかたは、
警告メールが来ていなくても早めに修正しておいたほうがいいですよ。

次の記事で、
私が実際に修正した方法を書きたいと思います。

下剋上の修正版見てないけど、
これ見たほうが早いかな?



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

gaityu300.png WordPressテーマ「MAG(TCD036)」