無料オファーに関する興味深い出来事【twitterアフィリ】 - アフィリエイト はじめてみませんか?

アクセスアップのためのping送信サービス

Ping送信ツール Be-PING

クリック型報酬サービス

忍者AdMax

無料オファーに関する興味深い出来事【twitterアフィリ】

無料オファー絡みで興味深い出来事があったので報告しておきます。

ちょっと前に大々的に実施された岸隼人さんのtwitterアフィリノウハウに関する無料オファーキャンペーン。
いくつかのプライベートASPが共同で実施していたので、目にした方も多いかと思います。

無料登録後は動画で岸さんが熱弁を奮うものの、登録者が稼げるような情報はあまり得られず、そのまま高額塾への勧誘へとつながりました。
この手の無料オファーキャンペーンには必ずと言っていいほどバックエンド商品が控えているので、そのこと自体はまあ許せる話でしたが、いくつかのサイトで実態が暴露され、その極悪ともいる販売手法に驚かされました。

参考記事 ⇒ 岸隼人氏の「バズれ」は高額塾勧誘詐欺の可能性が高い?

簡単に説明すると、高額塾は約30万円で販売されたのですが、申し込むとその後にそれまで存在すら明らかにされていなかった上位コースを案内されます。
しかも上位コースは2段階になっていて、一つ目が50万円、二つ目が100万円のコースだそうです。

最上位コースまで申し込むと、税込みでトータル参加価格1,939,680円にも及ぶ金額を支払う羽目になるとか。

こうなると、この高額塾が本当に稼げるかどうかを検証する以前に大きな負債を抱えたところからのスタートとなってしまうため、明らかに申し込むべきではないことがお分かりになると思います。
そもそもそんな高額な費用を設定していること自体、不信感を抱かせますよね。


ということで、一部の人は申し込んでしまって後悔したかもしれませんが、すでに実態も暴かれていますので、その後は申し込む人なんていなくなったんじゃないかと思っていたのですが、ここ最近あのキャンペーンのバナーをあちこちのサイトでよく見かけるので不思議に思っていたんですよね。


それが今日メルマガのチェックをしていて理解できました。


どうやら最近になって募集を再開したらしいのです。
しかも今回はプライベートASPを使った無料オファーキャンペーンではなく、自社(株式会社スライ)で有名アフィリエイターのメルマガ号外広告に出稿して募集をかけているようです。

私も多くの方のメルマガを購読していますが、すでに数人のメルマガの号外広告として見かけました。

私はメルマガをやっていないのでよくわかりませんが、号外広告って費用が掛かるはずです。
どの程度効果があるのかわかりませんけどね。
でも決して安い費用ではなかったと思います。読者の多いメジャーな人だと1回配信で数十万とか、そんなレベルです。

それだけの費用をかけても回収できるということでやっているんでしょうけど、あれだけ暴露されたのにまだ引っかかる人なんているんでしょうか?
ちょっと費用対効果という点では疑問に思いながら流し読みしていました。。。



さて「興味深い出来事」というのはこのことだけではないんです。

なんと、岸隼人さんのキャンペーンとほぼ同じ時期に無料オファーキャンペーンを行った小山大輔さんの「夢リッチ大学」もtwitterノウハウだったのですが、今日配信された小山さんのメルマガで、なんと岸隼人さんのこのtwitterノウハウの号外広告が配信されたんです。



これってどう思います?


自分でtwitterノウハウを販売しているのに、別の方の同じノウハウ(厳密には全く同じではないでしょうが)を読者に配信するということもさることながら、すでに多くの疑念を持たれているノウハウの広告を何も悪びれることなく平然と読者に流してくる無神経さに若干あきれました。

まあ小山さんに限らず、多くのメルマガ配信者は号外広告で費用を払ってもらっているんだからどんなものでも配信するというスタンスが基本なのかもしれないし、但し書きで問い合わせ等は当事者間(広告の企業と読者)でお願いします的な文言を加えて責任は一切負わないと断言してはいますけどね。

まあ、「おすすめです」なんて言葉が入っていないだけまだましか。


なんとなく頭でわかってはいたことだけど、さすがに今回のメルマガ号外広告を見た時は「まじか」「やっぱりみんな金さえ払ってもらえば内容なんて関係ないんだな」って感じました。


こういうところもインフォ業界が未成熟(十分な信用を得られていない)だと言われる一つの表れなんだろうなと感じます。

リアルビジネスの場合なら、下手な広告を打ってそれがもとでトラブルが発生したら広告を載せた企業(媒体)の信用だって下がるから、広告を載せる場合には最低限のチェックはすると思うんですけどね。
パチンコ雑誌とかに載ってる融資系の広告とかは怪しいのばかりですが。。。


メルマガ配信する側にしてみれば、いちいちチェックなんてしてられないというところかもしれませんけどね。
事前にクライアントの実態を調べられる内容だってたかが知れてるでしょうし。


普段の号外広告の場合はそれほど気にせずにすぐにごみ箱行きなんですけど、今回は案件が案件だったということと、配信者が同じノウハウを販売していた有名アフィリエイターのメルマガだったということで、ちょっと気持ちが動いてしまいました。


ということで、岸隼人さんのtwitterノウハウが再始動したようですが、申し込みは慎重にしてくださいね。
私から「絶対に申し込むな」とは言いませんが。。。


この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ストレス解消法
外国為替